活動内容 活動報告 フィッシュシェアリング
会員募集 法人概要 お問い合わせ
 ◆ご挨拶◆
高度経済成長期以降は工業のイメージが強く、綺麗な海・美味しい魚の住むイメージが無い尼崎の海。漁師の居ない尼崎の海には尼崎産として魚が出回る事が無く、地元の魚を身近に感じる事が無い現状です。そんな尼崎の海は現在綺麗になりつつあり、他の海で釣れる魚とも遜色無い美味しさです。実際武庫川河口には年間10万人近い釣り人が集まり、釣られた魚を美味しく食べられてます。現在の尼崎の海の現状を多くの方に知って頂き、地元の魚を食べて頂けるような活動を今後も展開していきたいと思っております。
◆活動の未来図◆
地元の魚で子供の健全な育成を図り尼崎市の海の環境保全、また昔尼崎南部で開催されていた海や川の豊かさを伝える事が出来るイベント復活で地域活性を図る活動を行います。武庫川での潮干狩りや釣り大会に花火大会、私達が子供の頃に楽しんでいた古き良き尼崎の自然環境を楽しむイベントを現代の子供達にも伝えていく事、また数年後には尼崎市南部に森が完成しますが傍には豊かな海も有り、自然色溢れる尼崎市になるお手伝いをする事が私たちの未来図です。 
                                                        理事長 宮本 悦男
  ◆NPO法人武庫川ECO-LABO所在地
事務所:兵庫県尼崎市元浜町4-77
電話番号:06-6416-1937

活動地:兵庫県尼崎市平左衛門町66 尼崎市魚つり公園敷地内
電話番号:06-6430-6519
魚の引き取りや会員登録、ご相談等は活動地にてお受けいたします。
  ◆NPO法人武庫川ECO-LABO所在地
理事長 宮本 悦男
副理事 守田 成希
理事 東浦 章
監事 今井 康二
尼崎の海ニュース 尼崎の海で釣れた魚の記録に挑戦!
濃霧注意報で視界不良の尼崎港
6時半頃から掛かり出した霧状の濃霧が海一帯を飲み込んで全く視界の無い状況となりました。稀に有る事は有るものの、秋のこの時期には珍しい濃霧でした(2019.10.12)
令和元年から尼崎で釣れた魚の記録を新たに新設!釣り人からの持ち込み記録を掲載しております
過去のニュース
・台風19号通過時の尼崎港周辺(2019.10.12)
・台風17号通過時の尼崎港周辺(2019.9.23)
・秋のブリが回遊開始です(2019.09.17)
・尼崎沖にイルカが回遊!(2019.1)